【メンエス】お店選びは慎重に!

一時期よりかなり店舗が増えたメンズエステ。
当然全てが良心的なお店という訳ではない。
同じグループで風俗店を経営してるとこもあれば裏でよろしくない方々とお付き合いのあるお店だってある。


ただ、そんなことはどうでもいいのだ。

大事なのは女の子(商品)に優しいかどうかだ。
裏でヤの付く人たちと繋がっていようがどうしようが、働く我々に実害が無ければそれで良い。
むしろ風俗やセクキャバとかをたくさん持ってるとこの方が、どうすれば女の子のテンションを上げられるか、女の子が働きやすいか、辞めないかがよく分かっていると思う。
まっとうに経営していても商品を乱暴に扱うようなお店では働くべきではない。

例えば女の子同士のトラブルを放置したり、客と揉めても助けてくれないようなところ。
女の子を守ってくれないところで働くのは精神的にもツライし長続きしない。
それに客に襲われでもしたら大変だ。
自分の身の安全を保障してくれないようなお店で働くことは無い。
 
あと系列店の風俗でも働くよう強要されたりとかね。
非風俗店なのに「うちは抜きOKだから」と言われたりだとか。(OKという言い方で嬢に判断を委ねる形だが、抜かない嬢には客をつけない)
こういうのはよく耳に入るので十分注意してもらいたい。
特に抜きを勧めてくる店はガサ入れに入られる危険があるので絶対やめておこう。
 
ただそれを理解していても、こういう店で働いたことのない方は見極めが難しいだろう。
私なりの基準をまとめてみたので参考にしてほしい。
お店が言ってくれないしっかり見るべきポイントもまとめたので面接前に要チェック!

HPをしっかり見る

お客様用ページで見るポイント

まず見るべきはサイトの作り。そんなにネットに詳しくない人でもそのサイトがしっかり作られているかどうかくらいは分かるだろう。
サイトのデザインが高級感や清潔感を感じさせるか、各ページ分かりやすく作りこまれているか、便利な機能があるか等。
HPにしっかり金と手間を掛けているかは大事。お店の顔だからね。
ここをケチるような店は女の子に対する還元も必要最低限という印象。一概には言えないが。
もしくはいつ潰れてもおかしくない店をたくさん持ってて低クオリティサイトを量産してるか。
たまに高校生がスマホで作ったのか?と言いたくなるようなサイトを見かけるので比較してみて欲しい。
 
サイトの出来をチェックしたら在籍している女の子一覧を見てみよう。
まず目に入るのは制服。ノースリーブだったりミニワンピだったり、セラピストらしいカッチリ系のアンサンブルだったりとお店によって様々。
女の子が着ている制服を見て許容範囲かどうか確認する。
あと女の子の年齢や容姿を見てお店のコンセプトを把握。
顔はぼかされてると思うけど、髪型とか口元とかで大体の雰囲気は分かるよね。
年齢は1~5歳くらいサバ読んでるのでざっくり確認で良いよ。
 
もう一つ必ず確認してほしいのがお店のコースと料金。
まずコース。
大体どの店も3つくらいコースを用意していると思う。
コースの意味や内容はコチラを見てほしい。
 
そして料金。
ここで注意してほしいのが、料金が高いからといって給料が高い訳ではないということ。
私が見聞きした限りだと高級店も普通の店も初心者の内は給料にあまり差が無い。
むしろ回転率を考えれば高級店でない方が稼ぎやすいと思う。
その辺は後述するが、とにかく施術の値段で安易に飛びつくのは止めておこう。

求人ページで見るポイント

ここは必ず目を通すと思うが、注意してほしい点をいくつか。
 
まず一つ。
書かれてないことを洗い出そう。
セラピスト募集のページはとても魅力的に作られている。
日払い、個室待機、ノルマ無し、シフト自由、アリバイ対策などなど・・・。
それらを見て「いいじゃん!」と即面接の予約をする前に、あえて『書かれていないこと』を探してみてほしい。
 
例えば水着、密着。
私は最初の店で「水着になるとも密着のコースがあるとも書かれてないから無いんだ」と勝手に思い込み、結局水着で働いた経験がある(笑)
店のHPにはオプションのこととか載せないんだよね。店に来て嬢が水着になるオプションを客に勧めるんだ。
密着も・・・まぁグレーだから書かないよねそりゃ。
確かに水着になるとは書いてない。書いてないが水着にならないとも書いてない。
あとから調べたら、ちゃんと『水着&密着無し!』って書いてあるお店もあるんだよね・・・。
 
あとは交通費支給とか。
支給してくれるとこは少ないけど、出すとこはちゃんと書いてある。
書いてないってことは出さないってこと。
こういう店だし交通費に期待してる子はあんまいないと思うけど、遠くの店に通うつもりの子は覚えておいてね。
 
どの店もセラピスト不足に悩んでいる。当然、PRポイントがあればデカデカと書く。
書いてないということはつまりそう言う事だ。
 
あ、ちなみに入店祝い金は大体貰えませんのであてにしないでね。
メンエスの入店祝い金は本当に貰えるのか?
 
そして給料。
ここが一番大事な人も多いでしょう。
メンエスの給料は○○%で書かれることが多いです。
完全歩合制50%~みたいな。
この場合90分18000円のコースに入ったら9000円があなたのバックということね。
まず、この何%が求人のページに書かれているかどうか。
さっき言ってた施術料金が高いからといって給料が高い訳ではないというのはこういうこと。
施術の料金が高い店はこのパーセンテージが低く、安い店はやや高い。
結果、嬢に入る金額はほぼ変わらない。
何か業界の暗黙のルールでもあるんだろうか・・・と勘ぐってしまいそうなほどその傾向にある。
高級店の方が多少高いところもあるだろうが、僅かな違いなので回転率を考えれば相場価格くらいのお店の方がやはり稼ぎやすいだろう。
高級店を否定しているわけじゃないよ。
あえて高級店でのんびり働くのもアリだと思うし、頑張って指名掴めば暇な時もなくなるだろうし。
ただ高級店でバック率高いところは総じて露出度&密着度が高いのは覚悟して。
 
注意点が一つ。
表記してある%と違うことを言ってくる店がある。
サイトに60%から!頑張り次第でどんどん上がります!とか書いてあるのにいざ面接に行くと「新人は最初の100時間は研修期間だから50%ね」と言われたり。
しかもそれを採用された後言ってくるとこもあるからタチ悪いよね。
お店に「君採用!」と言われてもすぐ契約は結ばず、その辺のことはきちんと確認しましょう。

男性のサロンレポを読む

良いなと思ったお店を調べる時、そのお店の名前を入れて検索すると思う。
そうすると出てくるのが店のHP、店を掲載した情報サイト、掲示板のスレッド、そして客として来店した方のサロンレポートなどだ。
この中からサロン選びの参考になるものはどれだろうか?
 
情報量が多いのはやはりネット掲示板。多くの人間が1つの店に対して様々な意見を交わしている。
情報サイトの口コミなんかも一見リアルな情報が書き込まれているので気になる人もいるだろう。
ただ、私はこの2つをおススメはしない。
この2つは匿名性が高すぎる。
とても便利な反面、誰でも気軽にサクッと書き込めてしまうのだ。
その店のお客さんのみが書き込んでいるとは限らない。
 
いくつか見てみた方は知ってると思うけど、とにかく悪口が多い。
ライバル店が書き込んでるのもあると思うけど、出禁になったお客さんの逆恨みコメントなんかもあるみたい。
「系列に風俗がある」という書き込みも悪意によるものかもしれないので鵜呑みには出来ない。
わざと好きな嬢のネガティブな書き込みをするお気に隠しと呼ばれる行為をする人もいる。
そして何といっても、嬢自身の書き込みが多い。
自分上げコメントとか他の子下げコメントとか結構あからさまなの。
たまに嬢しか知りえないこと書き込んで自爆してるの見かけるよ(笑)
 
私がおススメするのはやはり男性目線のレポ!
二軒目のお店を探す時にとても重宝した。
サロンレポのメリットは何といっても信憑性が高いこと。
実際客として来店しなければ分からない店の雰囲気や嬢の容姿などを書いていることが多い。
またそういったレポブログをわざわざ開設しようと思う人は元々風俗やメンエスなど女の子のお店が大好きな人なのだ。
中にはメンエスが好きすぎて都内のメンエスを渡り歩きメンエスのみをひたすら厳正に評価している人もいる。
彼らには女好き、メンエス好きとしてのプライドがあるのだ。嘘は書かない。多分。
 
彼らのレポを見れば色々なことを知ることが出来る。
店の清潔感や嬢の出迎え方。
OPはどんなものがあるのか。水着の露出度や密着はどの程度か。
 
個人的に・・・水着や密着があっても「楽しくお話しして柔肌を堪能して大満足でした~」と書かれている店はアタリ。
水着は着ててもブツに触るなという教育がなされている店だろう。
勿論嬢の力量やそのレポをした男性がマナーを守る方だったというのもあるけど。
逆に「ここでは言えないサービスが・・・」「事故あり」みたいに書かれてるとこはちょっとね。
抜きが暗黙の了解になってる可能性がある。
担当した子がたまたまそういうことしちゃう子だったのかもしれないけど・・・そのレポを見たお客さんは当然事故ありきで来ちゃうよね。
かわすのが面倒くさそうなので避けるのが無難かと。
 
レポには隠語のようなものがあり読めない子もいるかも。
近々メンエスレポの読み方とおススメブロガーさんをまとめられたらなぁと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です