メンズエステで働くメリット・デメリット


今やメンズエステは星の数ほど存在する。
風俗では無いと言うし、働いてみようかな・・・とお考えの女性もいることだろう。

もし貴女がメンズエステで働こうか迷っているならば改めてメリットデメリットを知っておいた方が良い。
ということでまとめてみました。


メンズエステで働くメリット

風俗では無い

これはかなり大きいだろう。
一応健全メンズエステ店は風俗では無い。限りなくグレーだが。
どのお店のHPを見ても『当店は風俗店ではございません。性的サービスは一切行っておりません』と書いてある。
本当にエロいことしないのか疑問に思う方もいるだろうが、お店が風俗営業許可を取っていないのでその辺は意外と大丈夫。
むしろ個室でエロいことをしてしまってタレこまれでもしたら大変なので、お店によっては女の子に絶対性的サービスをしないよう教育するところも。
指名を取ろうと過激サービスに走る女の子もいるからね。

折角エロいことしてくれるのにわざわざタレこむ奴なんているのかと思うだろうが、前述した通り今やメンエスは数が増えすぎて飽和状態。
ライバル店が互いの足を引っ張り合う修羅の業界だ。
他店のスタッフが偵察に来たり、しつこくし過ぎて嬢にNG出された客が報復としてチクったりするんだと。
実際ガサ入れで検挙されてるお店もある。
そうなれば営業出来なくなるので、そこまでのリスクを背負ってエロいことさせるお店はなかなか無い。
もし強要されたらその店はヤバいところなのですぐ逃げよう。

高収入を日払いで

多分これ目当ての子が一番多いかな。
風俗ではないのに風俗並みの高収入が得られるし。
その為風俗嬢やキャバ嬢がメインをメンズエステに変えるのも珍しくない。
よく客が「風俗の女じゃダメなんだよなぁ」としたり顔で言ってくるが、メンエス嬢の大半が水商売上がりであることを彼らは知らない・・・(笑)
風俗やキャバで人気取れる子はメンエスでも客取れるからね。

それに日払いというのもありがたいね。
その日頑張った分をそのまま現金で貰える。
受け取る金額が多いと当然テンションが上がるので、次も頑張ろう!という気になれるよ。
ただ気が大きくなっちゃうからお金の使い過ぎにはくれぐれもご注意を。

個室待機が楽

メンエスはどこも完全個室を売りにしてる。
店舗型なら店の中を壁で区切ってドアを付け個室にしているし、マンションタイプならマンションの一室がそのままお店になる。
女の子は大体その個室で待機し、お客さんが入ったら準備しその部屋で迎えることになる。
中には女の子を他の子と一緒に待機部屋に入れといてお客さんが入ったら呼びにくるところもあるようだが・・・そういうお店の方が少ないと思う。
大体どこも個室待機って求人に書いてあるしね。

私は女の子とお喋りするのがあまり好きじゃない。気を遣うし。
だから個室待機は本当にありがたい。
内装は綺麗だし、各部屋ベッド(マット)があるからゴロゴロ出来るし空調も効いてるし。
部屋にシャワーも付いてるから好きなタイミングで体を洗うことが出来る。
いつも待機中はスマホでゲームしたりお菓子食べたり好き放題してた(笑)

その分部屋の管理はしっかりしなきゃいけない。
匂いが残るものは食べないとか、シャワーの後の水滴は毎回拭き取るとか。
それでも暇な時間好きに出来るのは他の仕事ではありえないことなので十分良いメリットだね。

マッサージ技術がまぁまぁ身につく

これはお店や個人によるが、メンズエステで働いていく内『マッサージ技術の必要性』に気付くはずだ。
『可愛い』『話が上手い』でもある程度客は取れるが、それプラス『エロい』『マッサージが上手い』がどうしても必要になってくる。
未経験者が多いからマッサージが申し訳程度にしか出来ない子が多い中、がっつりマッサージをやってくれる子はかなり印象に残る。

またマッサージ技術が無い子には客もエロい方面のサービスを要求しやすい為、自分を守る為にも技術を身につけておくことは重要だ。
私は元セラピスト(女性向け)、アロマリラクゼーション店でプロとして働いていたので、ガチマッサージで客をうっとりさせたり眠らせたりしていた。
指名客もガチマッサージ目当ての人もいて、元々マッサージ好きなのでとても楽しく働くことが出来たよ。

お店もそれを見越して丁寧に研修を行うところもある。色んな特典を付けて経験者を集めたり。
マッサージ技術の昇格テストなんて設けているところも。
そうじゃないお店なら自分でアロママッサージを受けに行って勉強すると良い。
マッサージ技術が身につくことがメリットになるかは分からないが、もし将来まともな職に就く時そういう技術を持っていると職場を選びやすいんじゃないかな。

割と自由に働ける

副業、掛け持ちOKなお店が多いので、基本女の子のスケジュール優先でシフトを組んでくれる。
私が今までいたお店では二週間毎にシフト提出、一か月毎にざっくりしたシフト提出、出勤時に次出れる日を申告という感じだったかな。
お店によって様々で割と厳しいところもあったりしたけど、どこも本業や予定を優先させてくれた。
当日出勤も部屋が空いてたらガンガン出て!というお店が多かったので、私は少なめにシフトを提出して暇な日が確定したら当日、数日前に連絡するようにしていた。
それが一番無理なく働けたしね。

この日出れますか?とお店から言われることもあるけど、無理なら断ってOK。
無理に出ろと言われたり勝手にシフト組まれたりしたことはないかな。私は。
というかそんなことしてくるお店は即刻辞めた方が良いと思う。

自由に働けるといってもさっきも言った通り厳しいところもある。
普通の職場ならまぁ当たり前のことばっかりなんだけど・・・。
こういうとこで働く子はどうしても遅刻癖とか欠勤癖ある子が多いみたいで、スタッフの人も色々対策してる。
出勤日にメールで出勤確認とか、遅刻に罰金あったりとかね。
店によってはキャバくらい厳しいかも。
お客さんが何時に来るって決まってる仕事だから、遅刻や欠勤は損失出しちゃうことになるもんね~。
ただ管理が厳しいとこほど女の子のサポートもしっかりしてる印象。
真面目な女の子が稼げるように頑張ってくれるお店が多いように思う。
時間にルーズな子は気を付けてね。


メンズエステで働くデメリット

勿論客の目的はエロいこと

どんなに風俗店ではないといっても、客の目的は勿論エロいことだ。
そりゃね・・・マッサージ店です!といくら言ってもあんなミニスカじゃ説得力無いし。
普通のエステサロンであんなエロい恰好する必要ないですからね。
オプションで水着になる店が大半。ちなみに水着になる理由は「施術でオイルが制服につくのを防ぐため」だってさw
思わず面接で失笑しちゃったよ(笑)
施術の大部分が鼠経部を占めるのもおかしな話。
もっともらしく鼠経部に集まるリンパ節の話とかしてるけど、元プロから言わせてもらえばリンパ節は体中にあるから鼠経部だけあんなに念入りにやる必要ない。
それもサワサワと・・・(笑)
でもそういう『言い訳』とも真顔で向き合っていかなきゃいけない。

貴女がメンエスで勤めるならば、日々エロ客との戦いになるのは覚悟しなきゃ。
抜いてくれと迫ってくる奴とは毎回攻防戦になるし、隙あらば押し倒そうとする奴もいる。
金払うからプライベートでホテル行ってくれとお願いしてくる奴はまだ可愛い方。
高い金払ってんだから抜くのは当たり前で、運が良ければ本番出来ると本気で思ってる奴もいた。
同じ値段で風俗エステに行けるのに「風俗でやるのはつまらん」と訳の分からん持論を携えて非風俗店でそれを求めてくる。
最初は笑顔でかわせても毎回毎回過剰な性サービスを求められていく内、それをやりたくないからここにいるのに・・・と精神を擦り減らし辞めていく嬢は多い。

スタッフがいるとは言っても個室で客と二人きり。
「男のスタッフ呼びますよ!?」と客にブチギレられる子なら良いが、押しに弱い子だと何をされるか・・・。
特にマンションタイプだと同じ空間にスタッフがいるわけではないので客も調子に乗りやすい。
給料が良いし風俗じゃないから、と安易に決めてしまう前に、そういった客をかわすことが出来るかよく考えよう。

収入が不安定

今やどこにでもあるメンズエステ。
色んなところに客が分散するので毎日忙しい店はかなり珍しい。
特に水着、密着のない健全店は他のメンエスと比べ集客が難しいのが現状だ。
店のツイッターやブログで「残り枠僅かです!」とか忙しい演出しているところをよく見かけるがあれは大体ウソ(笑)
まさか「ガラガラです」なんて書けないもんね。
出勤する嬢が少なくてその日いない嬢を架空出勤させちゃうのもよくあること。

それだけ競争率、客争奪戦が厳しい業界だ。
忙しい店の演出にどこも余念がない。
ツイッターなどを参考に「ここなら稼げるかも!」と思って働いてみてガッカリ・・・なんてことも。

あとどんなに忙しい店でも日によって収入はバラつきが出る。
今日どうしても稼がなきゃ!って思っても平日の昼間とかだと思うようにはいかないだろう。
ここが歩合制のキツイとこだね~。
0人だと0円で帰んなきゃいけないし。
私はあんまり0人の日当たったことないけど・・・やっぱ平日昼間はなかなかね。
昼間待機中ヒマ過ぎてスマホの充電すぐなくなるよ(笑)

税金関係があやふや

税金関係はグレー中のグレー。
よく求人で「個人事業主だからマイナンバーは提出しなくてOK!」「職場バレしない!」と書いてあるのを見かけるが、その後の確定申告について言及されてないことがほとんど。
こういう一文で「よく分かんないけど大丈夫って書いてあるから大丈夫よね」となってしまう女性はかなり多いよう。
よく分かんないまま始め、よく分かんないまま脱税してる方は非常に多いです(笑)
私は前職が業務委託契約で個人事業主でしたので確定申告も自分でしていました。
だからその辺はお店ときちんと話し合えましたが、これはそれなりに知識が無いとお店の言いなりになっちゃうだろうなぁ。

これはここだけで説明出来ないのでいずれ別記事にまとめます。

お店選びは慎重に

当然全てが良心的なお店という訳ではない。
中には系列店に風俗があるからそこでも働けと言われたり、非風俗店なのに抜きが暗黙の了解だったり・・・。
乱暴な客から守ってくれないところだったりね。

女の子(商品)を大事に出来ないお店で働くのはリスクとデメリットしかないので絶対に避けるべきだ。
他に良いお店はいくらでもある。

そういうところは一度働くとなったら辞めるのが大変なので、面接時によ~く確認しよう!
お店のHPや面接での質問である程度見抜く方法は別記事でまとめているがあくまで目安だ。
【メンエス】お店選びは慎重に!
貴女の身を守るのは貴女だけなので、怪しいと思ったらすぐ切り替えて別のお店を探しましょう。

手のケアが大変、ネイルが出来ない

オイルトリートメントを行うので、勿論爪は伸ばせません。
オイルは滑るので伸びた爪でスパッと肌を切っちゃう恐れもあるし、何より爪がチクチク当たると全然リラックス出来ない。
受け手になってみるとよく分かるが、ちょっとしたささくれや硬くなった角質もチクッとして気になってしまう。
オイルを塗られた肌はかなり敏感なのだ(エロい意味ではなく)

当然手のネイルは出来ない。
お店によって禁止してるかどうかは異なるだろうけど、こまめに切らなきゃいけないからわざわざネイルしに行ってもお金の無駄になる。
その分皆足に気合い入れてるね。

あとやはり手が荒れる。
メンエスでよく使われるオイルは水溶性のスクワランオイル。
サラサラでお世辞にも良いオイルとは言えないが、植物100%の力を直に受けるわけではないのでそこまで酷く荒れたりはしなかった。
だがそれでも油は水分を持っていってしまう。
一日に何時間も手をオイルに触れさせておくと、すぐにささくれや硬い角質が出てくる。
それらをちまちまと爪切りややすりで処理する日々・・・。
それなりに苦痛です(笑)

マッサージ、アロマの知識が本格的に身につく訳ではない

さっきメリットの方で身につくって言ったやんけ!と言われそうだがまぁ聞いてくれ。
もし貴女が本格的にアロマやリラクゼーションについて学びたい、将来開業したいと思っているのなら、メンズエステで働くべきではない。
普通のリラクゼーションサロンやエステサロンとは研修の内容の濃さが違い過ぎる。

また私の話で申し訳ないが、私がサロンに勤めていた頃は体揉みほぐし、足裏、アロマやフェイシャルなど一通りの技術を学び試験にパスするまで二か月ほど掛かった。
試験を一発でパスし続けてそれだ。落ちた人は更に掛かってる。
毎日毎日座学と実技をやり続け、店舗に出ても先輩たちからOKが出なければお客さんに入れない。
そんな経験をした人たちが更に経験を重ねお客さんを捕まえて開業していくのだ。

メンエスで身に付くのはあくまで人の体に触る感覚。なので将来エステやリラクゼーションサロンで普通のセラピストとして働く時多少有利というだけのこと。
将来開業したい人がメインの大手サロン等で働きながら開業資金をメンエスで貯めるのは大いにアリだと思う。
けど一から学びたいという人は大人しく普通のサロンで働こう。
そんな人がいるとは思えないが、メンエスの求人でたまに初心者でもプロレベルに!みたいなこと書いてあるとこあるので一応。

最近はメンエス嬢がメンズエステを開業するケースが増えてきているようなので、そっちならいいかもね。


まとめ

なんだかデメリットの方に力を入れて書いてるように見えるが・・・。
実際働いてみての感想なので、しっかり頭に入れておいてもらいたい。
これらのデメリットを見て、何とか出来そうだと感じたら働いてみるのも良いと思う。
皆さんが良いお店に巡り合えますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です